歯科矯正のお金が貯まった

人生が変わる出来事といえば、歯科矯正を始めたことです。お金をコツコツ貯める前は、歯科矯正したくてもできなかったので、歯科矯正のローンを借りようかと悩んでいましたが、やっぱり私には借金はしんどいので、コツコツと毎月1万円や2万円ずつを貯めて積み重ねました。3年ほどで100万円貯めることができ、めでたく歯科矯正のワイヤをはめています。でも痛い・・・。仕方ないか。

貯金額を固定する

タイトルにもあるように、私の貯金のコツは毎月の貯金額を固定することです。今月は結構稼いだな、という月があっても、背伸びはせずに必ず○万円を貯金する。一番よくないことは、貯金したそのお金に自ら手をつけてしまうことなので、例え今月は結構貯金できるな、と思っても、必ず自分の中でルール付けした金額を貯金するようにしています。そして私にとって何より大事なのは、その貯金を世の中でもっとも信頼できる人に預かっていてもらうのです。自分で管理していると、何かあったとき手をつけてしまいかねませんし、菜にしろ自分に甘いことは、自分自身が一番よくわかっているので。

財布の中身と相談しています。

週末に財布の中身を見ます。お札は別として、小銭を確認します。更に1円玉と5円玉も除外して残りを貯金箱に入れています。100円玉と10円玉貯金をしています。
以前は、500円玉貯金をしていたのですが、なかなか500円玉を貰う事が無く、あまり貯まらない事に気づき、100円玉と10円玉貯金に変更しました。
忘れた頃に開けて見ますので、割と貯まっています。
何に使う予定も無いのですが、子供にお小遣いとしてあげたり、自分の欲しい物を買いますが、さほど大きな金額にはなりませんので、遊び半分で貯金しています。

毎月1000円袋を作っています

パートで仕事をしているのですが、まず給料が入ると、銀行に置いてある袋に1000円を入れます。絶対に使わないと決めて、タンス貯金します。これを毎月やっていると、1年で12000円は貯まります。そして袋に入れた1000円は記憶から排除しています。あるなと思うとつい油断するので、大事な事は強引に忘れる努力をするところです。
それからまた次の月に1000円を先に入れてタンス貯金をしますね。
意外と無理なく貯金できますよ。